思い出の旅を記録
Show MenuHide Menu

動画をmp4形式でダウンロード保存できるソフトの選び方

2015年6月16日

動画をmp4形式でダウンロード保存できるソフトの選び方について紹介します。
最近では、YouTUbeやFC2動画をはじめとするほとんどの無料動画サイトは、動画ファイルがmp4ファイル形式でアップロードされています。そのため、普通の動画ダウンロードソフトを使用すると、動画ファイルをmp4形式でダウンロードすることができるようになります。

mp4形式で動画をダウンロード保存できるソフト例


動画をmp4形式で保存するには、いくつかのおすすめの動画保存ソフトがあります。例えば、MXONEを使用すればYouTUbeやニコニコ動画、FC2の動画をmp4形式で保存することができます。

参考:インターネット動画をダウンロード保存するには?

他にも、動画をmp4形式でダウンロード保存できるソフトとしては、CravingExplorerや、チューブとニコニコ録り放題、などが有名です。他の動画ダウンロードソフトや、録画ソフトでも大体の場合、mp4形式で保存する設定になっていると思います。

動画ファイルは、AVI形式などで保存できないこともないですが、AVI形式は多くの場合、ファイルサイズがMP4形式に比べてかなり大きくなってしまうため、ハードディスクに観賞用として保存しておくにはあまり向いていない、という事情もあります。

youtubeが聞けない、mp3に保存・変換できない場合の対処方法

2015年5月12日


せっかく保存したYoutubeが聞けない、mp3に保存・変換ができない…。
そんなときの対処法を簡単にご紹介します。

保存したYoutubeが聞けない理由はいくつか考えられます。

1.パソコンの音量が0になっている

 基本的な問題ですが、よくあることです。
 パソコンの音量設定をご確認ください。
 Windowsなら
  ”スタートボタン”→”コントロールパネル”→”ハードウェアとサウンド”→
  ”オーディオデバイスとサウンド”→”システムの音量の調整”
 をクリックして設定できます。
 また、イヤホン・ヘッドフォンはパソコンに繋がっていますでしょうか?

 

2.プレイヤーの問題

 再生プレイヤーが不具合を起こしている場合があります。
 他のプレイヤーをインストールして再生をしましょう。
 どのプレイヤーでも再生できない場合はファイルに問題があるのかも。

 

3.変換ソフトの問題

 変換ソフトとパソコンの相性が悪い可能性が考えられます。
 ソフトを一旦アンインストールして、もう一度インストールしたり
 それでも駄目なら、変換ソフトを変えてみましょう。
 新しいソフトのインストールが怖いようなら、
 下記のようなサイトを活用してみるのもいいかもしれません。

ファイル変換サイト:http://www.convertfiles.com/
Youtubeを変換して保存するサイト:http://www.clipconverter.cc/jp/
Youtubeをmp3で保存するサイト:http://www.youtube-mp3.org/jp

 

4.ダウンロード保存してしまう


1~3の方法でも解決が難しい場合、YouTubeの動画をダウンロード保存してしまう、という方法もあります。
ダウンロード保存するには、その専用ソフトを使うことが効果的です。

YouTubeダウンロード方法:http://www.youtube-downloads.net/

海外旅行に行く時の準備

2014年4月28日

高度恐怖症で高層ビルやジェットコースター、つり橋、飛行機がとても苦手で、高い所に行くと、そこが安全な所でも、このまま死んでしまったらどうしょう、という不安にかられて困ってました。
どうしても海外に行かないといけない事情ができて、病院に行って相談した所、薬をくれて飛行機に乗る前に飲んだらだいぶ不安がなくなり助かりました。
飛行機は早いし便利ですが、高度恐怖症の人間にとっては苦手です。
飛行機に乗って降下中に耳が痛くなることがよくありますが、知人の方がそんな時は、飴をなめるとだいぶ耳の痛みはなくなると教えてくれ、降下する時、飴をなめると本当に耳の痛みが緩和されてとても助かってます。耳が痛くなる人は、ぜひ飴をなめて見て下さい。
2~3日の海外旅行の時は海外保険に入った事なかったのですが、十数年前、1週間の用事があって海外に行かなくてならず、成田空港に自動販売機の海外保険があり、加入して海外に行きました。日本に帰国して体調が悪くなり治療に行きましたが、なかなか治らず大きな病院に行ったら長期の入院になってしまい、お金も随分かかり大変だったのですが、海外保険に入っていた事思いだし、適用されお金がおりてきて大変助かりました。海外旅行に行く時は、海外保険に入る事おすすめします。何があるかわかりませんから。

旅行の思い出

2014年4月21日

この間ヨーロッパに一週間旅行に行ってきました。フランスとイタリアの世界遺産を巡るツアーで、念願のモンサンミッシェルにいって来ました。
日本からフランスまでは15時間ぐらいでしたが、正直きつかったです。足はむくれるし、すごく疲れました。

でも旅行はこれから!一日目はパリのエッフェル塔に行ってきました。いやー本当にきれいでおしゃれな街パリ。そこにいるだけで幸せです。二日目はモンさんミッシェル!本当に行きたかった目的のひとつ。

が・・・片道移動が6時間。なんと。往復12時間とは。予想外でした。世界遺産はだいたい移動に時間がかかりますよね。しかし行くしかありません。とりあえず寝る以外は写真をぱしゃぱしゃと撮りまくりました。やっとモンサンミッシェルにも到着して、本当に感動して写真をとにかく撮りました(笑)ヨーロッパなんてめったにこれないし、世界遺産の旅なのでSDカードは大量に持ってきています。
旅行も無事に終わり家族に写真を見せていたところ、なんと姪っ子が間違えて写真を削除してしまいました。

め、め、姪っ子・・・怒るわけにもいかず、でも大切な思い出が。終わったと思い撃沈していたところ、こんなサイトを見つけました。

右脳を活性化

2013年4月4日


右脳は、一言で言うと「五感を通じた感覚・感性」を取り扱います。
右脳の五感の認識パターンは、瞬時に直感的にかつ総合的に、外部情報を認識し判断します。
右脳の記憶容量は左脳に比べて大きく、CDやDVDのように多量な映像情報や音楽情報を、データとして記憶する事が出来ます。
またその処理スピードも、左脳とは比べものにならないほど早いそうです。
その右脳を活性化させる方法をご紹介します。

・速聴
最近のマイクロカセット・レコーダーは再生速度が変更できるようになっています。
1.2cm/秒で録音し、2.4cm/秒で再生します。
この高速再生で自己啓発や落語のテープを聴いてみます。
脳が慣れてくるにつれ、楽に聞けるようになってきます。
あるいは書店で速聴の練習用テープを買ってきても良いです。
理想的には3倍から4倍速再生がいいのですが、テープでは難しいです。
倍速再生ですでに声が1オクターブ上がってしまいます。
4オクターブ上がったら、もう聞き取りは不可能となります。
速読が「視覚」から入る訓練なら、速聴は「聴覚」から入る訓練法で、寝ながらできるのが良いところです。
速読の訓練で、体内時計を高速動作させるというのがあります。
カードをパラパラと高速にめくって、見るということを繰返すと、ちょっとゆっくり目にめくってやると、普通じゃ見えないようなカードの絵柄が認識できるようになります。
速聴も同じような効果があり、頭の回転を速めるのに役立つのです。

脳と眼

2013年4月1日


脳の機能に左右差があることは、1960年代に発見されました。
当時、アメリカでは重症のてんかん発作の治療として、大脳の左右半球の間を連絡している脳梁を切断するという乱暴な手術を行っていました。
同様の手術例として凶暴性のある精神分裂病患者に対するロボトミー手術があります。
これは頭蓋骨に穴を開け、そこから大脳の前部を切断するというもので、患者の凶暴性が無くなります。
これはノーベル賞を受賞したそうだが、今日ではこんな治療法にノーベル賞を出した事はノーベル賞史上最悪の間違いの一つと数えられています。
大脳前頭葉を切断された患者は凶暴性とともに自発性ややる気や感情の起伏、その他、前頭葉が関与している人間性の大部分を喪失し、ただ機嫌良く一日穏やかに座っているだけの抜け殻のような人間になってしまったといいます。
カリフォルニア工科大のロジャー・スペリーはこの分割手術を受けた患者、あるいは事故などで分割脳になってしまった患者に奇妙な症状がおきる事に興味を持ち、研究を始めました。
患者は右目をふさぎ、左目だけでリンゴを見ると、その名前を言う事ができないのです。
しかし、リンゴを取るように指示すると、ちゃんとリンゴを選ぶ事ができました。
逆に右目だけで見ると、ちゃんと名前を言う事ができます。
ヒトの目は、右目は左脳に、左目は右脳につながっているのです。
研究の結果、言語中枢は左脳だけにあり、右脳はイメージを操作する脳である事が判明しました。
スペリーはこの研究でノーベル医学・生理学賞を受賞しています。

右脳を鍛えよう

2013年3月29日


天才と呼ばれる人は右脳と左脳のバランスがよく、使い方がうまいと言われています。
しかし、男性は左脳が肥大化して右脳が小さいパターンの方が多く、右脳はあまり使われていない状況が多いといえます。
また、昨今は男性のみならず、衣食住の多様化や環境の変化によって、右脳をあまり機能させる機会がない女性も多くなってるようです。
そこで、いくつかの心得を日常で実践してみて、右脳を刺激するようにしては如何でしょうか。
右脳を鍛える方法をご紹介します。

・左を使おう
体の左半身は右脳が制御しています。
右利きの人が左手で箸を使う、ボールを投げるといった行為でも有効です。
キーボードを打つときに左手も意識的に使うといったことでもいいと思います。

・絵を見よう、描こう
右脳の働きとして、図形認識力があります。
美術作品を眺めるのもいいですが、なにかのアイデアを練っているときに図や絵でまとめてみるのも良いです。

・創造しよう
粘土で創作をするといった行為は一般のサラリーマンではなかなかできないことなので、たとえばメモ帳を折り紙にして鶴を作ってみます。
左手で作ると良いでしょう。

・スポーツをしよう
スポーツ(球技など)をすることによって、右脳が司っている空間認識力(ボールがどこにあるか)や直感を鍛えます。

・音楽を聴こう
音楽感覚は右脳にあります。
とはいえ、歌の入ったものを聴くと、左脳の言語のほうも刺激するので、できればクラシック音楽を聴きましょう。